アイルランドの風


~アイルランド伝統音楽コンサート~
◆ショーン・ライアン(ホイッスル/歌)◆
◆守安 功(アイリッシュ・フルート/ホイッスル)◆
◆守安 雅子(アイリッシュ・ハープ/コンサーティーナ)◆

******************************************
OHANA CAFEでのコンサートは、普通のコンサートとは違った感じで、演奏者とみなさんが楽しくお喋りしながら、
まるでパブにでも来ているような・・・・☆そんな雰囲気で、長く楽しく過ごせる特別なコンサートにしたい、
と思っています。ステキなアイルランドの風を感じに、ぜひ、お越しください。
******************************************

2008年11月4日(火曜日)
6:00PM 開場 / 7:00PM 開演
入場料 3500円 +(1ドリンクオーダー)
定員 35名(要予約)

お席に余裕がございますので、当日ご参加になれます。
OHANA CAFEまでご連絡をお願いします

【ご予約・お問い合わせ】 
E-mail kurimatsu@star.odn.ne.jp   Togoyan.acc@docomo.ne.jp
Tel 090-5560-9170  Fax 048-966-2317 
都甲 由美子(とごうゆみこ)


ショーン・ライアン(Sean Ryan)
アイルランドが世界に誇る、この国最高の笛の名手。幼い頃より、ホイッスル(アイルランドのたて笛)の演奏を始め、早くよりその才能を注目される。その後、彼はホイッスルの演奏の可能性について全く独自に、きわめて高度な次元まで高めた。そのテクニックは、時に人知の及ぶ限界を極めているかのようでさえある。1991年に、廃墟同然であったレップ城を購入し、自らの手で家族が住めるように修復した。この城は、「アイルランドで最も幽霊の出るお城」として、海外にまで、その名を知られ、アイルランド国営放送や、イギリス国営放送の特別番組や、イタリアの教科書にまで取り上げられている。ショーンは、その特異な(!!)ルックスと、そして、たった一音ならしたただけで、すぐに他ならぬ彼の演奏だとわかってしまう独特な魅力あふれる演奏をもって、とても良く知られた存在で、世界中に数多くの熱烈なファンを持っている。2005年の天皇皇后両陛下のアイルランド訪問の際、政府から御前演奏の音楽家に選ばれている。笛ばかりではなく、彼の歌もまた、天下一品である。

守安 功・雅子 Isao moriyasu&Masako moriyasu(Paddy&Bridget)
守安功と雅子の二人は、1990年代より、アイルランドに毎年、数ヶ月間滞在し、変わりゆくこの国を見つめ続けてきました。そして、今は亡き名人たちを含む、アイルランドのさまざまな地方の演奏家たちから教えを受けてきました。その活動は、ドキュメンタリー番組にもまとめられ、2002年、アイルランド国営放送でも放映されました。伝統的な奏法をベースにしながら、最近では、アイルランドとスコットランドの、17世紀から19世紀の音楽の発掘と演奏や、新しく作られた名曲の紹介なども、積極的に行っています。2007年に始まった、世界初の試みとなる、アイルランドで最も重要な作曲家、ターロック・オキャロランの全作品録音プロジェクトは、各方面より注目を集めています。

守安 功 アイリッシュ・フルート、ホイッスル(たて笛)
著書に、「アイルランド 人・酒・音」、「アイルランド 大地からのメッセージ」、「アイリッシュ・ダンスへの招待」(共著)、
「アイルランドを知るための60章」(共著)、
訳書に、「アイルランド音楽への招待」(キアラン・カーソン)、「アイルランド音楽入門」(ダイアナ・ブリアー)、「アイルランド」ほか。


守安 雅子 アイリッシュ・ハープ、コンサーティーナ(六角形の小型アコーディオン)
アイルランドで出会った音楽家たちの演奏に魅了され、アイルランド音楽の演奏を始める。
現地の多くの名人たちに、アイリッシュ・ハープとコンサーティーナの伝統的な奏法を師事する。


公式サイト http://www7b.biglobe.ne.jp/~irish_paddy/  

[PR]
by treescafe | 2007-09-20 18:53
<< ホオポノポノ・プチお話会 ☆トリートメントボトル・アドバイス☆ >>